企業法務の定義

企業法務を説明する際、最初に挙げられるのは、その企業にとってどのような存在であるか、という点です。
普段耳にした事がない人は、実際にどのようなポジションを握っているのかを、この記事を通じて知っておくようにしましょう。

例えば、何らかのトラブルにより裁判を交えた対応を求められた際、臨床法務という法律のプロとして業務を行います。
同様に会社にとって不利益となるトラブルが起きる前に、どのような問題が今後考えられるかをあらかじめ検討する、予防法務という業務も行います。
経営を行っていく上で、法律上事業活動に携わる業務を行うため、企業内では非常に重要なポジションだと言えます。

近年では、企業同時の合併や買収といった行動が度々報道されていますが、この時にも間違った方向に進まぬよう細かな戦略を立てる、という業務を行っています。
これを戦略法務と言い、新製品の販売・開発においても重要な役割を持っています。
企業にとって今後どのような進み方をするのか、という大きな分岐点に経つ立場と言うこともあり、優秀な企業法務を持つ会社ほど、飛躍的に進歩を遂げられると言えるでしょう。

その他にも、実際に企業で働く従業員についても、不祥事の元を根絶するほかコンプライアンスといった部分の教育業務も行っています。
会社を支える重要なポジションとして、しっかりとした意識を植え付けるための時間を設け、一人一人のレベルアップにも繋げていると言えます。



▽特集
裁判を交えた対応を求められた際の臨床法務を任せる顧問弁護士と契約できるサービスです ・・・ 顧問弁護士